アナルプレイも大丈夫

面接の際に興味の有るプレイ、不安なプレイを聞いていますが、多くの女性は「お尻」のプレイに不安を持っています。
普段触ったり、物を入れたりする場所では無いので、不安に思うのも当然ですよね。

今まで仕事やプライベートで数百人の女性のお尻を触っていますが、女性に聞くと「変な感じですが意外と平気です^^」と言う答えが多いです。普段は出口としてしか使いませんので、違和感を感じるのが普通ですが、痛いと言う女性は少なめです。
逆に、初めてなのに気持ちいイイと言ってくれる女性も沢山います。
折角興味を持ったなら、この気持ちよさを知らずに済ますのは勿体ないなんて子も。

そもそもお尻の穴は、けっこう結構柔軟な筋肉でできています。
ちょっと汚い話ですが、お通じの後に確認したら「今日は凄いのが出たΣ(゚Д゚)」なんて経験ありませんか?
そう、お尻の穴って意外と太い物が通った事が有るはずなのです。
指ぐらいなら、そんなに痛みもなく通れるはずの場所なんですよ。

「でも痛かったって話も聞くんだけど?」

そうです、痛い話も多いですよね。
痛かった理由を聞くと、みんな手順を間違えているからなんですね。

お尻の穴は膣とは違い、物が入るようには作られていません。
痛みを感じたことの有る方の多くが、準備不足です。
お尻は、潤滑の為の機能を持っていませんので、補助をして上げる必要があります。
なにも付けずにいきなり物を入れるなんて論外。皮膚が擦れて痛くなるのが当たり前。
多すぎるぐらいのローションを付けて、優しくマッサージする。
まずは、お尻の穴を触られても大丈夫と思える事が大切です。
柔らかな筋肉なので、ある程度のサイズに広がる事ができますが、そもそも慣れが必要なんです。
慌てて太いものなど入れよう物なら、二度とやりたく無くなるのも当然です。
細い物から少しづつ慣れて行くようにしてください。

SMマスターズクラブでは、出来る事・楽しめる事からプレイを始めていただければ大丈夫。
お尻のプレイが不安だからと悩まずに、楽しいSMの扉を開いてくださいね。

この記事を書いた人

店長 めがね店長

SMマスターズクラブの店長めがねです。

経営者の目線から、風俗のお仕事を考えている女性に役立つ情報をお届けしております。

ご質問やご相談もどしどしお寄せください。

他業種のお仕事を考えている方のご相談もOKです。