SMプレイでの縄痕画像

お問い合わせで、プレイで残る痕を心配される方が多いです。
SMマスターズクラブの会員様は、比較的ソフトなプレイを好まれる方が多いので、怪我や痣が残る心配は少ないと思います。
例えば、鞭で叩かれ過ぎて青あざになってしまったりと言う事は少ないです。

ただ、絶対に付かない訳ではありません。
特に縄の痕が、付いてしまう時もあります。
参考に、今日のプレイで緊縛されてきた千佳さんの二の腕を写真で撮らせてもらいました。

SMプレイでの縄痕画像

SMプレイでの縄痕

時計をしていたり、手首にゴムをつけていると痕が付きますよね。
それと同じ感じで、このように縄の痕が付く事が有ります。
なので、通常は一晩も有れば取れる程度の跡です。
女の子達は、この縄痕が嬉しいと話すんですけどね。

ただ、同じ所に圧力が掛かり続けてしまうと、この痕の中心が内出血する場合が有ります。
そうすると、1週間程残ってしまう時があります。
薬で消えるのを早める事も可能ですが、内出血だと一晩で消えるのは難しいです。

普段のお仕事や家の事情で痕を残せない方もいらっしゃると思います。
そのような方でも安心してプレイに行ける様に、そんな場合は痕が残せない事は会員様にお伝えします。
また、「週末から友達と海に行く」とか、「家族と温泉旅行の予定が」なんて時は、スタッフに言っていただければ、お客様にきちんとお伝えします。
SMクラブのお仕事で、プライベートに支障がでてしまったら困りますからね。
安心して、スタッフへ言ってください。

仕舞

この記事を書いた人

店長 めがね店長
SMマスターズクラブの店長めがねです。
経営者の目線から、風俗のお仕事を考えている女性に役立つ情報をお届けしております。
ご質問やご相談もどしどしお寄せください。
他業種のお仕事を考えている方のご相談もOKです。